アバターyakumo

今頂いている情報だけだと次のパターンかなと思われます。

1. 対象の勤怠情報が存在しない。
2. API実行ユーザーに勤怠情報へアクセスする権限がない

1. のケースに関しては実際の Web の画面上での見え方と比較することで解決できるかもしれません。
打刻機能との混同がある可能性もあるかなと思われます。

2. のケースですが、利用しているアプリ設定のほか、認可をしたユーザーの権限で参照できない可能性も考えられる気がします。
(401,403 エラーになるかもしれませんが、センシティブな情報だと思うので、存在含めて隠している可能性もあるかなと)
そのため、API実行ユーザーの権限を確認いただくと良いかもしれません。

それでも解決しない場合、web画面との比較やリクエスト、レスポンスの詳細情報が必要になると思うので、
画面のSSやAPIのレスポンスヘッダー情報を含み公式サポートへ質問してみると良いかと思います。