Community

コミュニティをご利用の際は 【ガイドライン】を確認・同意いただいた上でご利用ください。

  • 投稿

    アバターt.hoso

    仮受消費税の相手勘定について

    freee APIを使用して、仮受消費税の取引データを作成(※)しようとしています。
    仕訳帳で見た際に相手勘定を”売掛金”にしたいのですが、勘定科目設定の収入取引相手勘定科目を”売掛金”に変更するしか方法は無いでしょうか。
    弊社システムはパッケージソフトである為、複数のお客様が利用します。
    その為、freee側の既存設定を変更した場合、デフォルト設定で稼働中のお客様などに影響が出る可能性がある為、勘定科目設定の設定によらず、借方:売掛金、貸方:借受消費税の仕訳となる取引データの作成は可能でしょうか。

    ※前提条件
     弊社が使用している販売管理システムでも税計算しており、取引データの連携を行う際にfreee側の税計算をすると
     消費税計算結果がずれる事がある為、税区分による税額算出は出来ない。
     そのため、別途”仮受消費税”の取引データを作成しようとしている。

    回答

    freee dev-supportfreee dev-support

    ご質問ありがとうございます。
    ご指摘の通り現在は収入・支出取引相手勘定科目の設定を行っていただく方法となっております。
    そのためご利用頂いているお客様の事業所毎に任意の設定を行っていただければと存じます。
    ご了承ください。

    ご確認よろしくお願いいたします。

    アバターt.hoso

    ご回答ありがとうございます。

    設定でのみ相手勘定を指定できることを理解しました。

     

    弊社の販売システムから”仮受消費税”を仕訳する場合、相手勘定が必ず”売掛金”となるようにしたいです。

    以下勘定科目を新規作成した上で、販売システムからfreee APIをコールする際に使用すれば、

    相手勘定が”売掛金”となる”仮受消費税”になると認識していますが正しいでしょうか。

    もし懸念点があればご教示ください。

     

    ■新規作成する勘定科目

    勘定科目名:仮受消費税(販売システム用)

    勘定科目のカテゴリ:負債及び純資産 > 負債 > 他流動負債

    表示名:仮受消費税等

    収入取引相手勘定科目:売掛金

    freee dev-supportfreee dev-support

    ご確認ありがとうございます。

    はい。
    添付の画像の様な取引・仕訳が作成されます。
    行いたいことと認識ずれていませんでしょうか?

    ご確認よろしくお願いいたします。

    アバターt.hoso

    ご回答ありがとうございます。

    >添付の画像の様な取引・仕訳が作成されます。
    >行いたいことと認識ずれていませんでしょうか?

    添付いただいたイメージになることを期待していました。

    ※実際には添付イメージのように「仮受消費税」とは別に「仮受消費税(販売システム用)」という勘定科目を作ろうとしています。

    Attachments:
    freee dev-supportfreee dev-support

    ご確認ありがとうございます。
    認識の齟齬なく安心しました。

    今回添付いただいた設定で、
    前述の添付同様の仕訳が登録出来るかと存じます。
    ご確認ください。

    引き続きどうぞよろしくお願いいたします。