ニュース

ニュース2019/04/11

freeeAPIの新消費税率対応スケジュールのお知らせ

いつもfreeeAPIをご利用いただき誠にありがとうございます。

2019年10月より実施される消費税率変更、及び軽減税率制度導入に伴い、 会計freeeでは新制度に対応した新税区分の追加リリースを平成31年7月初旬に予定しています。

freee APIを利用した多くのアプリケーションに影響がございますので、 開発者の皆さまには必ず以下の内容をご確認いただき、必要なご対応をお願いいたします。

================================================

仕様変更理由

2019年10月1日から消費税及び地方消費税の税率が8%から10%に引き上げられると同時に、消費税の軽減税率制度が実施されるため。

仕様変更リリース予定日

2019年7月初旬

仕様変更内容

会計freeeの税区分に、次の税率を追加します
  • 税率8% (軽減税率対象)
  • 税率10%

影響範囲

各種GETレスポンス内容に新税区分(tax_code)が追加されます。
  • 税区分コード一覧(/taxes/codes)のGET
  • 事業所の詳細情報(/companies/{id})のGET
  • 取引(/deals)のGET
  • 請求書(/invoice)のGET
  • 振替伝票(/manual_journals)のGET
各種POST/PUTリクエストのパラメータで、新税区分(tax_code)を指定して送信が可能です。
  • 取引(/deals)のPOST/PUT
  • 取引の+更新(/deals/{id}/renews)のPOST/PUT
  • 振替伝票(/manual_journals)のPOST/PUT
  • 請求書(/invoice)のPOST
  • 勘定科目(/account_items)のPOST/PUT
※ただし、発生日(issue_date)を2019年10月1日より前に指定した各APIのPOST/PUTリクエストにて、税区分(tax_code)に新税区分を指定した場合はエラーとなります。

なお、リリース日時や、追加される各税区分の、税区分コード(code)税区分名(name)日本語税区分名(name_ja)については確定次第お知らせいたします。

================================================

freee developer support <dev-support@freee.co.jp>