リリースノート

リリースノート2018/12/03

バリデーションチェックの厳格化およびエラーレスポンスの形式統一をリリースしました


リリース概要
自動エラーチェックライブラリを導入し、バリデーションチェックの厳格化およびエラーレスポンスの形式統一を行います。

リリースによる変更点
  • データ型のバリデーションが強化され、amountへのString型でのリクエストなどができなくなります。正しい指定形式はdeveloperサイトの「パラメータ詳細」欄をご確認ください。なお、修正が必要と思われるユーザー様へは別途個別に必要な変更についてご連絡いたします。
  • エラーレスポンスの一部でerrorsのfieldをarrayではなく、文字列で返しておりました。今後はarray形式に統一いたします。
  • リクエストヘッダーにて適切なapplication/jsonを指定してください。指定がない場合、エラーレスポンスが適切に返されない場合がございます。
  1. (一部パートナー)ファイルボックスAPI:multipart/form-data, boundary=Boundary
  2. journals #download:application/csv,application/pdf
  3. その他:application/json

詳細はドキュメントにてご確認ください

--

freee Developers Community 運営事務局・技術サポート

https://support.freee.co.jp/hc/ja/requests/new