旧認可エンドポイントからの移行について

この項目では、旧認可エンドポイントから、現行のエンドポイントへ移行する際のFAQをまとめてご紹介します。(2020年5月現在)

旧認可エンドポイントとは

以下の認可用エンドポイントは、2020年12月に廃止予定で、非推奨となっています。

  • https://secure.freee.co.jp/oauth/token
  • https://secure.freee.co.jp/oauth/revoke
  • https://api.freee.co.jp/oauth/token
  • https://api.freee.co.jp/oauth/revoke

現行のエンドポイントとは

2020年5月現在、以下の認可用エンドポイントの利用を推奨しています。

  • https://accounts.secure.freee.co.jp/public_api/token

revokeは以下のエンドポイントをご利用ください。

  • https://accounts.secure.freee.co.jp/public_api/revoke

POSTメソッドを利用し、content typeはapplication/x-www-form-urlencoded を指定してください。より詳細なコール方法について、以下の情報をご確認ください。

Webアプリ用の認証用URLは?

以下のエンドポイントをご利用ください。利用にあたっては、セキュリティを十分考慮の上実装ください。

  • https://accounts.secure.freee.co.jp/public_api/authorization

アプリを改修し、現行の認可エンドポイントを参照するように切り替えたあと、旧認可ポイントで取得したアクセストークンをそのまま使って良いか

ケースバイケースですが、新エンドポイントで再認可することを強く推奨します。

旧エンドポイントで取得したアクセストークンは読み込み・書き込みの全権限を持っています。アプリストアで権限設定をしている場合、および不要なアクセスをしないように設定をあらためるために、利用者に再度認可を促すようご検討ください。

freeeの開発環境、テスト事業所は以下で確認および作成できます。

freee API スタートガイド

認可用のエンドポイント切り替え後、freeeアプリストアで設定している権限設定は有効のまま?

はい、旧認可ポイントで許可された権限設定が有効になっています。設定および確認は

freeeアプリストアのアプリ管理>アプリ詳細>権限設定

行うことができます。権限設定を見直した上で、テストを行ってください。

旧認可エンドポイントでの権限はどう設定されていたのか?

全ての権限が有効になっています。旧認可エンドポイントのアクセストークンは、アプリストアの「全ての権限を読み込み・書き込み許可」している状態です。切り替えと同時に、アプリストアで権限を設定を見直すことを強く推奨いたします。

旧認可エンドポイントで取得したリフレッシュトークンを利用して、新認可エンドポイントでリフレッシュできるか?

可能です。上記に記述の通り、アプリの権限設定を見直した上でご利用ください。