ECサイトから会計freeeへの連携

本ガイドラインの想定対象者

本ガイドラインはECサービスと会計freeeの連携を実現しようとする、プロダクト企画・開発者向けの内容です。

本ガイドラインの注意事項

ECモールやECサイト構築サービス、EC一元管理システム等のECサービスの売上データを会計freeeに連携する際の、仕様の留意点をまとめています。設計におけるfreee特有の考慮ポイントを示すものであり、詳細設計内容までを記載したものではありません。
また、BASE、ネクストエンジン、Yahoo!ショッピング等、いくつかのECサービスとは既に連携がされております。連携済のサービスに関しては「freeeアプリストア」をご参照ください。

本ガイドラインの詳細

詳細につきましては、下記スライド「会計freee x ECサービス連携ガイドライン」をご参照ください。

以下も併せて参照してください

  • 会計freee API概要
    • 会計freee APIでできることを確認できます。事業所や取引、勘定科目、取引先の情報から経費精算申請の下書きの作成や更新について触れています。
  • 会計freee APIリファレンス
    • 会計freee APIの仕様を確認できます。アクセストークンを取得するとブラウザからのAPIコールもできるようになっています。
  • 最初のGET / POSTリクエストを行う
    • 本ページで想定している取引データの登録処理(POST /deals)を開設しています。