様々な入力インターフェイスから人事労務freeeへ勤怠を入力する

勤怠APIによる連携のニーズ

・適切な判断 / 指示により労務リスクを回避するには勤怠がリアルタイムに入力されている必要がある
・労務担当者は勤怠入力のリマインド、入力漏れチェックに時間をかけている

連携におけるポイント

 ・より日用使いのツールから入力できることで入力漏れに繋がる障壁を減らす
 ・勤怠打刻を可能な限り自動化する
 ・自動的にリマインドが行われる

勤怠APIを利用して考えられる連携

勤怠入力の効率化

・slackなど、より日用使いのツールから入力できる
・工数管理ツールと連携し、勤怠情報をコピーする

勤怠入力の自動化

・wi-fi / 位置情報での打刻
・入退出ログからの自動打刻

Bitnami