アバターsatzz

はい。大分類が「損益」のケースがほぼ該当しますが、例えば

勘定科目「法人税・住民税及び事業税」のCSVでの大分類が「損益」、中分類がなし、小分類が「法人税等」となるのに対し、API responseのcategoriesが以下のような配列になり全く違う値になってしまいます。

“categories”: [
“負債及び純資産”,
“純資産”,
“株主資本”,
“利益剰余金”,
“その他利益剰余金”,
“当期純損益金額”,
“法人税等”
],