アバターmasaki

ご返信有難うございます。

現状のfreeeでは、マイナス数量・総額の請求書が作成できない旨、承知致しました。

 

>フィードバックにあたり以下教えていただけると幸いです。

こちら回答を記載致しますので、開発チーム様へご対応をお願いできますでしょうか。

 

> * 具体的なユースケース

前提として、納品書は業務システム側(日単位)、請求書はfreee側(月単位)で管理したいと思ってます。

(「業務システム側で納品書の作成 ⇒ 月末に業務システムから請求書作成APIを実行し、会計freeeの請求書を作成」の流れ)

 

通常業務には支障はありませんが、”赤伝”が発生した場合、マイナス数量・総額が必要となります。

 

【パターン①】

 納品書作成後に返品等で赤伝(マイナス納品書)が発生した場合、請求書には数量をマイナスして表示させたい。

 例)請求書(3月)

   詳細        数量   単価    金額

   商品A(3月1日)   2個  100円   200円   ←通常の納品書(元黒)

   商品A(3月1日)  ー1個  100円  ー100円   ←元黒に対しての赤伝

 ⇒数量のマイナス入力ができない為、NG

 

【パターン②】

 赤伝処理が月を跨いだ為、元黒を請求するはずの月ではなく、次月に繰り越された場合の請求書を作成したい。

 この時、例えば2月で赤伝が発生したが、3月では取引がなかった場合などに総額がマイナスの請求書が必要。

 例)請求書(3月)

   詳細        数量   単価    金額

   商品A(2月28日)  ー1個  100円  ー100円   ←2月の赤伝

 ⇒マイナス総額の請求書が作成不可の為、NG

 

>* 実装されることによる業務インパクト (改善度合い)

パターン①では、数量をマイナス表示させたいという要望があるため、実現できない場合は別途方法を模索する必要があります。

(割引で金額のみをマイナスとする等の代案もありますが、システム間で不要な中間処理が必要となってしまう)

パターン②の発生頻度は低いですが、総額がマイナスの請求書を作成できないということは、システムではカバーできないルートが存在することと

なります。

手運用により、代用することも視野に検討中ですが、請求書を別途起こす等、2重管理となりますので、freeeのみで完結させたいです。

 

以上となります。

長文となり、恐縮ですが、宜しくお願い致します。