TIPS

会計APIの活用

概要

 freeeは仕訳に連動した請求書の作成機能やインターネットバンキングとの連携による入出金明細の取得などをリリースし、単なる会計ソフトに留まらずクラウドを活かした4つの業務効率化ルールの提唱と、テクノロジーによる入力業務の自動化を徹底して進めてきました。
 クラウド化が進む中でfreee APIの活用によって、経理部門内だけでなく全社最適視点でより一層の業務最適化・経営判断のリアルタイム化が実現できます。
 以下は会計APIによって実現できる連携の一例です。


SFA、CRM、販売管理システムから会計freeeへの連携

ご利用中のSFA、CRM、販売管理システムと連動することにより、経理部門に留まらない部門を横断した全社最適視点での業務の効率化が可能です。
また、salesforce / kintone / ネクストSFAなど一部のサービスでは既に連携がされております。連携済みのサービスに関しては「freee Apps」をご参照ください。
連携の仕様イメージは「SFA、CRM、販売管理システムから会計freeeへの連携」をご参照ください。


エクセルやgoogleスプレッドシートから会計freeeへの連携

経理ご担当者さまからのエクセルや、スプレッドシートなど使い慣れたインターフェイスから入力したいとの声を多く頂いております。
freee APIを用いることでエクセルやスプレッドシートから取引を作成することが可能です。
サンプルコードなどの詳細は「エクセルやgoogleスプレッドシートから会計freeeへの連携」をご参照ください。

 

人事労務APIの活用

概要

人事労務freeeは「入退社手続き」「勤怠」「給与計算」「年末調整」「マイナンバー管理」の主要5機能があり、APIでは勤怠API、従業員APIの2つのAPIを用意しています。
人事労務APIでは勤怠入力自動化など入力業務の効率化の他、入退社情報を活用した人事マスタとして他のサービスのアカウント管理などを行うことが可能です。
以下は人事労務APIによって実現できる連携の一例です。


様々な入力インターフェイスから勤怠を入力する

勤怠入力は全ての従業員に関わるため、より簡単に入力できることは非常に重要です。また、労務担当者様の視点でも勤怠自動化などにより入力率を上げることは作業効率とリスク管理の上で重要です。
勤怠APIではslackなどのより身近なサービスからの勤怠入力や、スマートフォンのwi-fi、位置情報やakerunなどと連動した勤怠入力自動化を行うことが可能です。
詳細は「様々な入力インターフェイスから人事労務freeeへ勤怠を入力する」をご参照ください。


入退社情報を利用して別サービスのアカウントを管理する

アカウント発行漏れによる時間のロスやアカウント削除漏れによるセキュリティリスクなどがあるため、アカウント管理は非常に重要です。
一方で社内でクラウドサービスが増える度、従業員が増える度、部署が増える度にアカウント管理は掛け算で煩雑になり管理できなくなっていきます。
また、組織が大きくなると入退社情報を管理する人事部と、アカウント情報を管理する情報システム部の連携がうまくいかないなどの課題も起きてきます。
従業員APIではメールアドレスや従業員番号をキーに入退社情報から他のクラウドサービスのアカウント管理が可能です。
詳細は「入退社情報を利用して別サービスのアカウントを管理する」をご参照ください。

 

 

Bitnami