HTTPステータスコード400台エラー時のチェックポイント

freee APIへのリクエストでエラーが発生した際に、以下のようなメッセージを含んだレスポンスが生成されます。

ここでは、HTTPステータスコード40x系のエラーに含まれるメッセージと、解決へのヒントについて記述します。

ステータスコード エラーメッセージ エラーコード チェックポイント
401: Unauthorized ログインをして下さい invalid_access_token Access token が有効でない場合があります。有効なアクセストークンをご利用ください。
アクセスする権限がありません expired_access_token Access token の有効期限切れの可能性があります。アクセストークンをリフレッシュして下さい。
このAPIにアクセスしたい場合、事業所の管理者にご確認ください。 user_do_not_have_permission リクエストを行なっているユーザーの権限設定が誤っている可能性があります。freee の管理画面から 設定>メンバー招待・権限管理>メンバー管理 を選び、正しい権限割り当てができているか確認ください。
存在しないかすでに削除された事業所です。 company_not_found cid(company_id, 事業所ID)の指定が正しいかご確認ください。
有料プランをご利用中の事業所のみご利用いただけます。 freee_plan_limit プランをご確認いただき、利用可能なプランへの変更をご検討お願いします。
接続元のIPアドレスからは、サービスをご利用いただけません。 source_ip_address_limit 事業所のシステム管理者に依頼して、freee APIを利用する拠点のIPアドレスからのアクセス制限を解除して見てください。エンタープライズプランのIP制限機能を利用している場合、freeeの管理画面からIP制限の解除をご検討ください。
403: Forbidden このアプリケーションにはアクセス権限がないエンドポイントです。 アプリストア>アプリ管理>アプリ詳細>権限設定で以下を確認してください。

データ種別毎の参照、更新を正しく設定する

  • アプリの公開・非公開にかかわらず一つでもチェックが入っていればその設定が適用される

  • アプリが非公開かつなにもチェックがなければすべてチェックが入っているのと同じ権限となる